toggle
トランクルーム札幌は屋内型収納スペースがおすすめです。
2016-12-28

トランクルームの選び方をお教えします


札幌で徐々に増えてきたトランクルームについて

トランクルーム札幌大谷地

最近みなさんのご自宅の近くに「トランクルーム」が増えてませんか?
「トランクルームって何?」って思っている方も少なくないはずです。

店内を見ることができないので、一体どのようになっているのかな?
そう思っている方に、プラスルームがしっかり説明させていただきます。

そこで今回はトランクルームについてお教えします。

トランクルームは大きく2つのタイプに分かれます

トランクルームには、店舗や事務所を再活用した屋内型と空き地や駐車場を再活用した屋外型があります。それぞれ特徴が違うので、まずはこの違いをしっかり把握しましょう

屋内型トランクルームについて

屋内型トランクルーム
屋内型とは、既存の店舗を改装してトランクルームにしたタイプです。
雪の多い札幌では、非常に適しているタイプです。
屋外型では、雪が積もってしまい荷物の出し入れが不可能になってしまうことあります。

ご自宅のクローゼットとして

屋内に荷物を保管することが出来るため、ご自宅のクローゼットと同じ環境で
保管することが可能です。

屋内型トランクルームの大きな特徴としては、セキュリティ面が優れている点です。
業者により若干違いはありますが、入り口には防犯設備の入退出管理システム
を導入しております。
契約者様以外の入店を制限しておりますので、セキュリティ面で安心。
トランクルームカードリーダー

換気面では、換気システムを導入しております。
安心して荷物を保管することが可能です。
ただし、契約上スペース貸しのため、品物の品質保証は免責事項になります。

24時間365日荷物の出し入れは自由です。
急な搬入や搬出にも困ることはありません。

収納スペースの大きさも約0.5畳前後から用意されています。
比較的小さい収納スペースから設置されているので、ちょっとした荷物の保管にも適しています。

※倉庫業のトランクルームについては、24時間365日荷物の出し入れができない場合がございます。ご担当者にお尋ねください。

屋外型トランクルームについて

屋外型トランクルーム
屋外に設置されているトランクルームです。
主にコンテナを改良したトランクルームが採用されております。

トランクルームの横に車を駐車することができるので、大量の資材保管に適してます。
トランクルームの大きさは、2畳前後が多く主に事業者様がご利用になります。

施錠は各利用者様が行います。
出入り口は、解放されているケースがほとんどなので鍵はしっかり締める必要があります。
盗難等には気を付けましょう

コンテナ用南京鍵

プラスルーム推奨南京錠はこちら>>
一部中国製の南京錠を使用している方がいますが、サビなどにより解錠することができなくなる場合があります。
プラスルームでは、ABUS製の南京錠ををオススメしております。

契約時に気をつける事は?

初期費用について

各社により違いますので、必ず見積もりを取りましょう。
初期費用には、事務手数料・敷金・礼金・保証料などがあります。
場合によっては、月額利用料の数倍費用が発生してしまう事もあります。
契約前にどの費用が発生するのが把握しておきましょう

見学について

img_9846-1024x683
各社により事前見学できる場合とできない場合があります。
収納スペースとはいえ、事前の見学は必要です。
ウェブ上の写真では、オープン当初の綺麗なものを使用しているので現状の把握がとても大切です。
収納スペースの見学の際には悪臭等もないか、確認しましょう

管理について

ほとんどのトランクルームは無人店舗で運営しております。
しっかり管理されているか確認が必要です。

担当者の対応について

問い合わせ時の担当者の対応は、その業者の特徴が現れるものです。
お客様のご要望に対して迅速に対応してもらえる業者を選びましょう。

プラスルームの札幌トランクルームはこちらをご覧ください。>>

関連記事